Interview社員インタビュー

片岡 大貴(かたおか たいき)

東京勤務・2015年入社

これまでの経験・入社理由を教えてください

大学は経済学部に入り、企業がソーシャルメディアを使ってエンゲージメントは高まるのか、というような内容の勉強をしていました。
大学で勉強しているうちに、プログラミングに興味を持って独学で学ぶうちにエンジニアという職業を知り、とても興味を持ったので、大学を休学して東京のアプリ開発の会社にインターンで入りました。
その会社でエンジニアとしての基礎を学び、エンジニアとして働こうと決意しましたが、その当時はweb業界でいろんな職種がある中で、エンジニア一本でいいものかと不安を感じていました。
就職活動を始めた時、メンバーズエッジカンパニーの親会社のメンバーズを就職エージェントから紹介してもらい、エンジニアだけでなくたくさんの業種があることに興味を惹かれて入社しました。

入社後は、HTML、CSSをまた基礎から学び直していろいろな案件を経験し、エンジニア兼ディレクターとして業務を続けていましたが、メンバーズエッジカンパニーが設立されたと同時にメンバーズエッジカンパニーへ出向しました。
メンバーズエッジカンパニーでは、エンジニア一本で働いているので、ひとつ目標は達成できましたね。
今思えば大学生のときにプログラミングを独学で学んで、インターンで実践ができたことが大きかったです。

どのような業務を担当していますか?

お客さまがインターネット広告のメディアプランニングで使うシステムの管理画面の開発をメインに業務をしています。
その他はエンドユーザーが使う画面の開発も担当しています。
言語はPHPとJavaScriptで開発をしています。

どのようなことにやりがいを感じますか?

今の業務はお客さまの売上につながる重要な画面なので、そういうところに緊張感を感じつつも、やりがいを感じます。
また、管理画面の改修後、使いやすくなったとお客さまに言ってもらえると嬉しいです。
複雑な実装ができたときや難しいお題を乗り越えたときは達成感がありますし、自分の評価が上がった時も価値を認められたように感じて嬉しく思いますね。

仕事をするうえでのこだわりはありますか?

エンジニア視点というか、外から見えない部分だけに注目して開発してしまわないよう、少しUIの観点からも今の内容が良いものかどうかを見ることを忘れないようにしています。
また、コードを書く時はバグがなくリリースすることができるよう、自分が実装した部分の範囲だけでなく、その他の部分にも目を向けるようにして、品質を高めるように心がけています。
自分の中で、より良く業務ができるように小さな改善をするようにしていますね。

今感じている課題と今後の展望はどのようなことですか?

エンジニアとしては、まだまだ技術力が足りないと感じています。
技術に関しては実装スピードにも関わってくることなので、今使用している言語に対しての理解力を上げたり、設計部分にももっと積極的に触れていきたいです。
また、今所属しているチームのリーダーの代わりになれたらいいなと思っています。たとえば新人の教育を任せてもらえるようになったり、率先して自分で課題を見つけつつ、フォローアップする動きができればと思っています。
東京のオフィスで働いて4年目なので、早くリーダーになり引っ張っていけるようになることが今の自分の目標ですね。

今後のキャリアパスはどう考えていますか?

直近の目標は、リーダーとしてとしてチームを引っ張ることです。
まだいろいろ足りないところはありますが、早くリーダーになれるように精一杯がんばります!
あとは、しばらくはエンジニアとしてコードを書いていたいですね。
やっぱりものづくりは楽しいです。

採用応募者へ一言お願いします。

わたし自身、高専や専門学校出身ではなく何も分からない状態でwebの世界へきたので、分からないことで悔しい思いもたくさんましたが、どんな時もいろんな人に支えられてなんとか仕事ができています。やりたいことがあったらその気持ちを大事に、技術よりもまずはチャレンジすること、行動することが大切ですし、自律しようとする気持ちが大事だと思っています。
メンバーズエッジカンパニーは、やりたいことがあったら自分からどんどんチャレンジできる環境です。
一人だけでがんばるのはきついですが、周りに助けてもらえる環境があるので、とてもチャレンジしやすいと思います。
エンジニアとして何かやってみたいと考えている方、一緒にチャレンジして良い会社を作りましょう。

ご応募はこちら

ENTRY