Interview社員インタビュー

板原 潔(いたはら きよし)

仙台勤務・2018年入社・リーダー

これまでの経験・入社理由を教えてください

前職は独立系のSI会社でシステムエンジニアとして働いていました。
勤務地は仙台で基本的にお客様先に常駐して開発を行っていました。
業務内容は自治体や民間企業向けのwebベースの業務アプリケーションの開発がメインで、要件定義から保守まで様々な案件を担当してきました。
自治体向けの案件などは要件定義に1年かかったり、政府の方針によって仕様が急に変わったりでとても大変で、苦労も多かったですね笑

メンバーズエッジカンパニーに転職する前の数年間は、インターネット広告会社に常駐し、スクラムチームを組んで社内システムの改修をしていましたが、その時にユーザーの声を聞きつつ、短いサイクルで優先順位の高いタスクに取り組んでいくという仕事の進め方が自分には合ってるんだなぁ、と感じました。
メンバーズエッジカンパニーに応募する時も、メンバーズエッジカンパニーのサイトにユーザーの声を聞きつつスクラムで開発をする業務スタイルのことが書いてあって、この会社に入る大きなきっかけとなりました。

どのような業務を担当していますか?

インターネット広告のメディアプランニング業務を支援するシステムの開発を担当しています。当初4名でスタートした案件ですが、担当領域を拡大し、現在は7名体制で開発を行っています。現時点では、メンバーズエッジカンパニー社内で最も人数の多いチームとなっています。
開発言語はScalaで、スプリント期間を2週間に設定して各自のタスクを消化しています。

どのようなことにやりがいを感じますか?

スクラムをやっている中で、自分たちでプランニングしたものが2週間のスプリント内で終わった時はとても気分が良いです。
また、Sier時代とは違って、ダイレクトにユーザーの声が伝わってくるので、期待通りに成果が出せた場合は嬉しいですし、反対に厳しい声を聞くことで改善点に気づけたりするので、とてもやりがいを感じています。

仕事をするうえでのこだわりはありますか?

2つあります。
1つ目は、コードを書くときには、凝ったコードよりも誰がみてもシンプルで分かりやすいコードを書くようにしています。後に引き継ぐ人が分からないコードだと意味ないですからね(笑)
2つ目は話の仕方で、相手と同じ目線で話しをするように心がけています。同じ目線で話すことで相手にも内容が伝わりやすいですし、自分も話がしやすいです。

今感じている課題と今後の展望はどのようなことですか?

現在、お客さまの業務支援をしているチームが、私が所属しているチームの他に2つありますが、それぞれ業務内容が異なっていて、横の連携はあまりないのが現状です。
異なる業務内容だったとしてもお客さまは同じなので、情報をうまく連携できるところは連携して、スプリントをまわしたり、お互い協力し合って業務改善をしたいなと思っています。
また、ぞれぞれのチームで使用している開発言語や開発プロセスも異なるので、その部分でも必要な情報連携を取れると、もっといいなと思います。

今後のキャリアパスはどう考えていますか?

しっかりとしたキャリアパスではないのですが、生涯エンジニアとして働いていきたいと思っています。
また、拠点の立ち上げメンバーになって日本全国にメンバーズエッジカンパニーの拠点を増やしていきたいという思いもあります。

採用応募者へ一言お願いします。

メンバーズエッジカンパニーは生涯エンジニアで働きたい人、場所にとらわれずに働きたい人にぴったりの会社だと思います。
また、チームで動くことになるので、人と協力してできる協調性のある人だとより良いと思います。

とても若い会社なので、会社と一緒に成長したい人や一緒にエンジニアにとってより良い制度を作っていける推進力のある人に入ってもらえたらとても嬉しいですね。
ぜひ一緒にがんばりましょう。

ご応募はこちら

ENTRY