Interview社員インタビュー

芦名 英樹(あしな ひでき)

仙台勤務・2017年入社

これまでの経験・入社理由を教えてください

大学では特にプログラミングなど技術専攻の学部の所属ではなく、金属など材料の研究を専攻する学部に入学していました。
プログラミングを始めたのは大学院に行きはじめた頃で、当時は独学で学びました。

前職では宿泊予約サイトを運営する会社でシステムエンジニアとして働き、社内ツールを作ったり教育に力を入れた活動をしていたのですが、所属部署が縮小するという、ちょっとした事件がありまして(笑)
そのタイミングで知人からメンバーズエッジカンパニーを紹介されました。
また、その当時、親会社であるメンバーズに所属している方と社外勉強会で偶然知り合うことがあったので、そのような縁もあってメンバーズエッジカンパニーに入社しました。

どのような業務を担当していますか?

わたしのお客様の開発チームがいくつかあるのですが、その中のひとつであるBtoB(企業向け)サービス提供をするチームで開発を担当しています。
現在は、そのBtoBサービスで取得したユーザー情報をお客様社内で共有し、他のサービスと連携できるようなシステムを開発中です。

案件ではスクラムでのサービス開発に取り組んでいて、2週間のスプリント(開発期間)を設けてタスクを進めつつ、同時に改善のPDCAの実施もしています。
言語は前職も今もRubyで開発を進めていますね。

どのようなことにやりがいを感じますか?

もともとは前職で社内教育をしていたこともあるので、チーム内で困っている人にアドバイスをして、それが解決に導けたりすると嬉しいですし、やりがいを感じます。
また、MTGをしていて内容を細かく詰めていないところや、穴があるところを先に見つけられたりすると、エンジニアっぽく仕事ができてるなぁ、と自分の中で嬉しく思ったりしますね(笑)

仕事をするうえでのこだわりはありますか?

こだわりというほどではないのですが、チーム全体が効率的にアウトプットするには何が必要か、ということを常に考えて行動するようにしています。

今感じている課題と今後の展望はどのようなことですか?

私が所属しているチームは、とても落ち着いていて仲も良いのですが、お客様への提案やプレゼン力が少し足りないことが課題です。
お客様のリテラシーやスキルレベルがとても高いのでなかなか難しいのですが、それを見越して、お客様のビジネスも理解したうえでの提案ができるとより良いと感じています。

今後のキャリアパスはどう考えていますか?

明確なキャリアパスは描けていないのですが、今のように何かを開発しながら技術的にもっと向上したいという気持ちがありますね。

また、お客様との信頼関係を作っていく関係構築力や、課題でもお話をした、お客様のビジネスを理解をしたうえでの提案力・発言力が養われるともっと良いパフォーマンスができると思っています。

採用応募者へ一言お願いします。

どのチームも当然チームワークが重要なので、自然とチームや周りに合わせられるような、素直な方だとこの会社にすぐに馴染めるかと思います。
周りを見て、今どんな動きが求められているかを気づける人だと、なお良いと思いますし、一緒に働いてみたいと思います。

ご応募はこちら

ENTRY