Interview社員インタビュー

秋野 郁実(あきの いくみ)

北九州勤務・2015年入社

これまでの経験・入社理由を教えてください

僕は高専卒なのですが、自分が行っていた高専からだと、工場等のいわゆる製造業の企業に就職する人が多く、そういうところに就職するのは漠然と嫌だなと思っていました。
でも、だからといって「何でWebの世界に入ろうと思ったのか?」と言われると何か大きな理由があるわけではなく、当時、就活していた頃は、ちょうど「アプリ」が流行っていた時期だったのもあって、その「アプリ」という表現自体に惹かれたというのもありますが、Webとか今風のオシャレなとこで働いてみたい!と単純に思っていました笑。

メンバーズは高専の先生から、「こういう会社があるよ」と紹介されて、インターンで来たのがきっかけです。
その流れで、応募して今に至っています。

入社してからは、大手通信会社のサイトリニューアルでフロント改修を担当したり、大手電機メーカーのブランディングサイトを新規構築したり、大手不動産会社のシステム移管を行ったりと、とにかく大手企業の開発案件に携わって、様々な領域にチャレンジさせてもらい、エンジニアとして経験を積んでいきました。
メンバーズエッジカンパニー設立のタイミングで、出向という形でメンバーズエッジカンパニーに来た、というのがこれまでの経歴です。

どのような業務を担当していますか?

チームの取りまとめとして、お客さまのエンジニアの方々と一緒に開発・保守業務をしています。
チームの中で役割というのは特になくて、スプリント期間を決めているので、プロダクト全般の業務をスプリント毎に誰が何をやるのか決めながらチームで協力して進めています。
現状の開発業務では、PHPを中心に、Golangも一部利用を開始しているところです。 インフラはAWSなので、最新のクラウド技術に積極的に触れられる機会がありますね。

どのようなことにやりがいを感じますか?

お客さまと一緒に開発していて、自分の書いたコードがそのままお客さまに見られるという経験は今まで無かったので、とても新鮮ですし、評価された時はやりがいを感じます。
他は、やりがいというか、「いいな」と感じながらやっていることは、常駐ではなくリモートで業務を進めているので、社内の取り組みも積極的にやりやすいですし、情報交換もしやすくて「いいな」と思っています。
お客さま先に常駐した経験は他案件でありましたが、一人で行っていたわけではないのに一人ぼっちというイメージが強かったので、今はチームで業務できている感覚が強く、皆で仕事をしているという意識も持てるのでそれも「いいな」と思っています。

仕事をするうえでのこだわりはありますか?

何にでもこだわりすぎない、ということがこだわりです。
まだまだ社会人としも経験が少ないですし、いろんな考え方を学べるように、1つのことにこだわらないようにしています。
これまでの経験の中で、いろいろな開発を担当させてもらったり、新卒の面倒もみたりと、たくさんのことに触れてきたからか、こだわりを持たない方が新しい発見を取り入れやすいし学びも多いと思っています。

今感じている課題と今後の展望はどのようなことですか?

案件の範囲でいうと、課題として感じているのは、エンジニア教育についてです。
新卒や未経験で入ってくる人も多いので、いかに早く案件で活躍できるようになってもらうかを取り組んでいかないといけないと思ってます。
案件に入ると、その状態は直接お客さまに見られることになるので、より早く成長してもらう必要があります。
まず、自分ができることとしては、少なくとも、自分のチーム内では若手でも案件で活躍できるようにしていきたいと思っています。
これまで教育にも関わらせてもらってきて、経験も溜まってきているので、これからどんどんスピードアップして取り組んでいこうと思っています。

今後のキャリアパスはどう考えていますか?

現状はまだエンジニアが少なく、僕自分がやってきたことが結果的に正解かどうかがまだ分からない状態なので、これといったしっかりしたキャリアパスが描けていない状態です。
ただ、多くのエンジニアが現場で輝けるようエンジニアのいい意味での「最適化」ができたらな、と考えています。
そのためには、しっかりサポートをしていく環境を整えていったり、現在の育成プログラムもどんどん進化させていきたいと思っています。

採用応募者へ一言お願いします。

まだまだ小さい会社なので、チャンスはいっぱいあります。
たとえば、以前に会議が多くて余計な時間を使ってるなと感じたことがあり、「会議多いから減らそう!」と言ったことがあります。
大きい会社だと、「じゃあ、減らそう」とすぐにはならないと思いますが、すぐに「MTGなくしてみよう」となってMTGがなくなりました。逆に「暇だな」と感じてしまったぐらいになりましたね笑。
こういうスピード感は、まだできたばかりの会社だからこそだと思いますし、若手だから聞いてもらえないとかそういうのもありません。
まだまだできたばかりの会社なので、自分の動き方次第でいろんな文化や制度を作れると思います。
ぜひ、これから一緒にこの会社を発展させていきましょう。

ご応募はこちら

ENTRY