Interview社員インタビュー

赤池 泰平(あかいけ たいへい)

北九州勤務・2015年入社・リーダー

これまでの経験・入社理由を教えてください

WEBの世界に入ったのは、WEBアプリケーションが他のアプリケーションに比べて比較的簡単に環境を整えることができて、作ったものがすぐ確認できるというのが楽しいと感じたからです。
プログラムを書くことが大好きなのですが、すぐに作ったものを見ることができるのは、WEBの魅力的なところのひとつですよね。

メンバーズエッジカンパニーに入社したのは、個人の力だけではなくチーム力でプロジェクトを推進するというところがいいなぁと思って入社しました。
プログラムは一人だけでも書くことができますが、プロジェクトはプログラムとは違ってひとりではできないものなので、チーム力を高めていくことがとても大切なことだと業務をする中で感じています。

どのような業務を担当していますか?

メンバーズエッジカンパニーの教育担当として、主にプロジェクトにアサインされるメンバーのチーム力向上のためのサポートをしています。
たとえば、教育プログラムの中のウォームアッププログラムは僕が考案したものなのですが、このプログラムを実施中のメンバーの技術サポートは僕が担当しています。
また、メンバーズエッジカンパニーや他の子会社のエンジニア採用では、入社エントリーした方はコーディング試験を実施していただいていますが、実はこのコーディング試験の採点も僕のお仕事のひとつです。
そのほかにも、リーダーとして北九州拠点内のメンバーや他のメンバーの技術面はもちろん、必要に応じて技術面以外でも様々なサポートをしています。

どのようなことにやりがいを感じますか?

メンバーズエッジカンパニーのサービスはチーム型開発支援ですが、まだまだチーム環境をより良くすることができると思っていますし、それにはチーム環境を良くするような風土や環境の土台づくりなど、取り組みがとても重要で必要なことだと思っています。
僕自身も、もともとプログラム書くことが大好きなエンジニアではありますが、今はより良い環境をつくったり、自律したチームをつくっていくための制度を整備したりと、教育担当というサポートする側の立場から、チームをサポートしていくことににやりがいを感じています。

仕事をするうえでのこだわりはありますか?

僕には特技があって、プログラムの書き方から、書いた人がどんなタイプの人で、今まで経験した言語やだいたいの年齢など、その人の特徴が分かるんです(笑)それが結構当たっていて、社内でも好評なので、技術面やその他の面でサポートをする時には、その人の特徴を考慮したうえで、うまくサポートをするようにしています。
また、さまざまな場面でリーダーとしての自覚を持った行動をするように心がけています。

今感じている課題と今後の展望はどのようなことですか?

現時点では雇用数がそれほど多くないので、大きな課題だと感じていることはそれほど多くはないのですが、今後は採用と教育のバランスが難しくなるだろうなと予想しています。
雇用数が増えると、当然育成する側の負荷は上がるので、いかにスムーズに案件にアサインできる状態にチームをサポートし、より案件に有用なウォームアッププログラムを実施することが大事になってくると思います。
まだ現実にはそれほどの負荷がかかってはいないのですが、もう少し雇用数が増えた場合に備え、しっかりと対応策を用意していきたいですね。

今後のキャリアパスはどう考えていますか?

現状はまだエンジニアが少なく、僕自身がやってきたことが結果的に正解かどうかがまだ分からない状態なので、これといったしっかりしたキャリアパスが描けていない状態です。
ただ、多くのエンジニアが現場で輝けるようエンジニアのいい意味での「最適化」ができたらな、と考えています。
そのためには、しっかりサポートをしていく環境を整えていったり、現在の育成プログラムもどんどん進化させていきたいと思っています。

採用応募者へ一言お願いします。

メンバーズエッジカンパニーでは、エンジニア自身がチームメンバーのひとりとして開発で手を動かすだけでなく、お客さまとの直接交渉をするなど、コミュニケーションをとる場面も多くありますので、一緒に高みを目指していける方に来ていただけたら嬉しいです。

ひとりではなくチームで活動することによって、ひとりで開発していた時よりも高い成果、パフォーマンスが出ることがあります。
そういうことを実現したい人、エンジニアにとってより良い環境をつくっていけるような方と一緒に働きたいと思っています。

ご応募はこちら

ENTRY