移住したい社員を応援する制度をつくりました!

移住したい社員を応援する制度をつくりました!

社員全員が自分の住みたい場所に住みながら、刺激的でキャリアアップにつながる仕事ができること。それはメンバーズエッジ設立当初から、私たちが目指していた姿のひとつです。

2020年3月現在、下記のとおり北は北海道から南は福岡まで8つのオフィスを構えています。在宅勤務制度を浸透させ、フルリモート社員も岩手や新潟などに 6名が在籍。クライアントはほとんどが東京のためチームメンバー全員がTV会議でコミュニケーションをとりながら開発しています。

オフィス所在地:東京(晴海)、北海道(札幌)、宮城(仙台)、福井(鯖江)、兵庫(神戸)、福岡(北九州、天神、今宿)

フルリモート社員在籍地: 岩手、新潟、広島、香川、宮崎、鹿児島

日本全国どこに住んでいる方でも自分の住みたい場所に住みながら、モダンな技術で東京のクライアントのプロダクトを開発することができる環境をつくることができ、目指していた「どこでも働ける会社」にかなり近づいたと感じています。

と同時に、社員から「いつか地元に帰りたい」「自然の豊かな土地に移住したい」といった声ももらうようになりました。

そこで今回、会社としての支援の形を話し合い、入社後に移住したい社員を応援する移住支援制度をつくりました。入社1年以上たてば誰でも好きな場所へ移住ができます。移住先での新生活を応援するために、会社からは10万円を支給します。下記、制度概要です。

・入社後に自分の意思で移住ができる
・移住先は日本全国どこでもOK
・移住支援金は一律10万円
・入社から1年以上たった社員は全員利用OK

実はこれまでも 「さとやま移住支援」 という、鯖江に移住したい社員向けの制度はあったのですが、 エリアが限定的だったため利用数が少なかった現状がありました。社員の声を反映し、全国に対象を広げた形になります。

メンバーズエッジでは会社命令の転勤は一切ありません。どこでも自分たちが住みたい場所に住んでもらえたらと思います。
ライフステージによって住む場所を変える必要が出てきたり、夢だった土地での暮らしを叶えても、やりがいを持って取り組んでいる仕事をそのまま続けられる、そんな会社にしていきます。

実際に仙台から札幌へ移住したエンジニアの記事はこちら。
自然豊かな田舎に住みたいエンジニアの北海道移住計画
旅行と下見も兼ねて移転したばかりの札幌オフィスに行ってきた

採用情報

メンバーズエッジで最高のチームで最高のプロダクトを作りませんか?

最高のプロダクトをつくる 最高のチームで働く

在宅でも、地方でも、首都圏でも。多様な働き方で最高のチームをつくり、お客様のプロダクトパートナーを目指します。アジャイル開発を通じ、開発現場の第一線で活躍し続けたいエンジニアを募集しています。