「ハッピーキーボー道」を開催しました!

「ハッピーキーボー道」を開催しました!

先日このブログでも告知した、キーボード自作イベント「ハッピーキーボー道」を弊社仙台オフィスのラウンジにて開催しました!

https://www.membersedge.co.jp/blog/happy_kbd/

お昼すぎに集合。みんなで作りたいキーボードの部品や工具を広げます。

開始前にランチに行った「熟成焼肉 肉源 仙台店」さんのアップルパイをつまみながら作業開始!

初心者はまずググるところから。

解らないことがあっても周りの経験者が助けてくれるので安心です。

キーボードを作る手順を追いながら当日の雰囲気を紹介していきます!

作りたいキーボードによって扱うパーツは異なりますが、ざっくりと以下のパーツから構成されています。

  • キーボードの基盤
  • マイコン
  • キースイッチ
  • キーキャップ
  • ケース

下の写真に写っているのが基盤です。左がHelixというキーボードのもので、右がLet’ Splitというキーボードのものです。

この基盤にマイコンやキースイッチをはんだ付けしていきます。

これはArduino Pro Microという「マイコン」です。なにやらmicroUSBケーブルを挿す穴が見えますね。

キーボードで取り扱うマイコンは主にキーボードの制御を行います。キーボードとPCを接続するのもこのマイコンです。

そしてこれが「キースイッチ」です。

キースイッチは普段見ることはあまりないですが、「A」や「1」といったキーそれぞれを押したときに反応するのがこのパーツです。

この「キースイッチ」というパーツは多くの種類が存在し、「青軸」「赤軸」「茶軸」といった「軸の色」で「押したときの感覚」が異なるように作られています。

キーボードを作るの醍醐味の一つですね!

最後にキーキャップとケースですが、みなさんが普段目にしている「キーボード」の外側がこの2つです。

ケースに基盤を載せ、キースイッチにキーキャップを被せることでキーボードができあがります!

慣れていてもはんだ付けを間違えることも

手慣れた人でもはんだ付けを間違えることもあるのですが、そんなときに活躍するのがこいつ!

金属の紐のようなもが「はんだ吸い取り線」と呼ばれるものです。

はんだ付けを間違ってしまった箇所に写真のようにかぶせ、上からはんだごてを当てて熱すると、数秒後溶けたはんだが金属の紐の中に吸い込まれていきます。

開始当初はみんなで話しながらやってましたが、時間が経つにつれモクモクとはんだ付けを開始。

ここでハプニングが

参加していたバッシーのキーボードが完成のところで反応しないキーを発見。

バッシー「あれー?なんで動かないんだろう。」

菅原「はんだ付けの不良じゃないかな?」

バッシー「そうなのかなぁ…?あっ」

菅原「どうしたの?」

バッシー「ダイオード壊れてる…」

そんなこんなで「ダイオード」という部品が初期不良で欠けており、泣く泣く諦めることに、と思ったら…

弊社のエンジニアたちは諦めなかった

菅原「あ、ダイオードあるわ

江口、バッシー「なぜ持ってた」

菅原・江口「ダイオードならくっついてるはんだ吸い取ってしまえば取れるので、あとで付け替えることもできるよー。」

ということでハンダ吸い取り線を使い、ダイオードの換装を無事に行い、バッシーのキーボードが完成!

そして完成したキーボードの一部がこちら!

メンバーズエッジでは今後もエンジニア向けのイベントを企画していきます。当ブログで告知いたしますので、お見逃しなく!

採用情報

メンバーズエッジで最高のチームで最高のプロダクトを作りませんか?

最高のプロダクトをつくる 最高のチームで働く

在宅でも、地方でも、首都圏でも。多様な働き方で最高のチームをつくり、お客様のプロダクトパートナーを目指します。アジャイル開発を通じ、開発現場の第一線で活躍し続けたいエンジニアを募集しています。