プログラミング未経験の採用担当がRails Girlsに行ってみた!

プログラミング未経験の採用担当がRails Girlsに行ってみた!

メンバーズエッジ採用担当の岩本です。

先日、仙台オフィスで開催された「Rails Girls Sendai 2nd」というイベントに参加してきました。 プログラミングまったくの未経験である筆者が、Ruby on Railsを使ってWEBアプリケーションを開発してみた様子をレポします。メンバーズエッジはスポンサーとして会場を提供し、社員もコーチとして参加しています。

※記事内容にはこちらのサイトを参照した箇所があります。

Rails Girls とは?

Rails Girls とは フィンランド の女性エンジニアが立ち上げた、女性がプログラミング(RubyとRuby on Rails)を学ぶためのコミュニティです。世界各地200カ国以上にコミュニティがあり、日本でも全国各地でワークショップが開催されています。

なんで女性向けなの?

参加者を女性に限定している理由について、イベント冒頭でオーガナイザーの方が説明してくださいました。

アファーマティブアクション という考え方があります。弱者の不利な現状を改善するための措置、といった意味ですが、 女性の活躍や男女の格差解消もこれに含まれます。世の中まだまだ女性のエンジニアって少ないです。それはたまたまそうなったわけではなく、社会的な背景から、エンジニアという職種を女性が選択する機会が狭められていました。たとえば昔は学校教育で男子は技術、女子は家庭科が必修で、男子は家庭科をやらないまま、女性は技術をやらないまま大人になりました。そのような背景により、技術的なことを学んだり仕事にするのは男性がやること、というイメージが固定化。結果、女性のエンジニアが少なくなってしまっているという現状があります。

多くの女性にIT技術に触れてもらい、 IT業界をよりバランスのとれた状態にしていくために、Rails Girls では 参加者を女性に絞り、RubyとRailsを使ったプログラミングの体験ができるようサポートしているそうです。

Rails Girls では「自分がつくったプロダクトが動く」といううれしさを、初心者でも体験することができます。プログラミングに興味があるけど最初の一歩は何をしたらいいかわからない、という女性には特におすすめだと感じました。

Rails Girlsがおすすめな理由① 無料なのにコーチがついて環境構築から教えてくれる

参加費無料にもかかわらず、現役のベテランのエンジニアの方々がコーチとしてついてサポートしてくれます。ちなみに私はそもそもプログラミング自体がまったくの未経験です。そんな私が2日でアプリをつくれるのか?

今回2日間参加したのですが、初日はインストール・デイといって、プログラミングに必要なものをインストールする日でした。コーチの方いわく、環境構築は現役のエンジニアでも苦戦するそう。せっかくプログラミングをはじめようと思っても、入り口でつまずいてしまう人も多いんだとか。そんな大変な環境構築も、もちろんその後のプログラミングからデプロイまで、コーチがついているので心強い!場所によっては参加者が多いためマンツーマンというわけにはいかないそうですが、仙台は人数もほどよくマンツーマンで教えてもらえます。

インストール・セットアップするものリスト。コーチの方が書いてくれました。

コーチの方が書いてくれた説明メモ。すごく丁寧に教えていただきました。

Rails Girlsがおすすめな理由②  ノベルティがかわいい!会場がかわいい!

プログラミングという難しいことをやりに来ているわけですが、そんな緊張をなごませ、参加者に楽しんでほしい!という開催側の気持ちが伝わる会場でした。

入り口には 仙台のたなばたまつりをイメージし、笹が!
最後に全員で短冊を書く、というイベントも。

ノベルティもかわいい!

Rails Girlsがおすすめな理由③ 勉強仲間ができる 

インストールには悪戦苦闘したのですが、アプリケーションそのものはチュートリアルにもとづき、またコーチの方に教えていただきながら、すんなりと完成してしまいました。つくったのは上記のような、シンプルな画像投稿アプリです!※コーチの方が、完成おめでとうコメントを入れてくれています。

全員のアプリケーションが完成したら、軽食とお酒も用意されていてスポンサーの皆さんのLT→打ち上げです!参加者やコーチの方と交流することができ、楽しい時間でした。

今回何よりいいな、と思ったのが、プログラミングに興味がある女性とのつながりができること。「PHPと出会って夢中になってしまって・・」という方と話して触発されたり。親子で来ている女子高生もいました。スポンサーさんのLTでは仙台のエンジニアのコミュニティや勉強会なども知ることができ、さらにつながりを広げることもできそうです。特に学び始めたばかりの人にとっては、一緒に勉強していく仲間ってとてもプラスになりますよね。私も普段は東京にいるので、東京の勉強会を教えてもらいました。趣味として、引き続き勉強していこうと思います!

常日ごろ、採用活動をしながら女性エンジニアの少なさを感じています。と同時に、手に職つけてライフイベントにも比較的左右されず、在宅勤務やリモートワークも可能なエンジニアという職種は、結婚や出産でキャリアの岐路に立たされがちな女性にこそ、おすすめの仕事なのにと感じています。 Rails Girls の活動で、エンジニアという仕事を選ぶ女性がこの先増えていくといいなと思いました。

「プログラミングの勉強をしてみたい」という女性や、「別の言語を学んできたけどRuby、Railsに興味がある」という女性は、こんなに全国各地で開催されているので、お住まいの近くで開催されていたらぜひチェックしてみてくださいね。

採用情報

メンバーズエッジで最高のチームで最高のプロダクトを作りませんか?

最高のプロダクトをつくる 最高のチームで働く

在宅でも、地方でも、首都圏でも。多様な働き方で最高のチームをつくり、お客様のプロダクトパートナーを目指します。アジャイル開発を通じ、開発現場の第一線で活躍し続けたいエンジニアを募集しています。