エンジニアがキャリアプランを設計する際のポイントを解説

エンジニアがキャリアプランを設計する際のポイントを解説

将来のことを考えると、ITエンジニアとして能動的にキャリアを形成する必要があることは分かっていながらも、日々の開発業務や学習に追われて、自身のキャリアに向き合う機会はなかなか取れません。

しかしながら、変化が激しく不安定な時代を生き抜くためにはキャリアプランを持っておくに越したことはないでしょう。キャリアプランがあれば、自分のキャリアを中長期的に考られるようになるうえに、定期的に振り替えることで、自分の目標や立ち位置を把握し、次に取るべきアクションが明確に分かるようになります。

キャリアプランの概要と作成するメリット、考え方や注意点などを解説します。

ITエンジニアのキャリアプランとは

キャリアプランとは、自分の将来の目標を実現するために構築された行動計画のことを指します。自身の将来の目標を具体化・明確化して、その目標を達成するために必要な知識・経験・スキルを把握し、それらを順次習得できるように具体的な行動にまで落とし込んで作成したもので、就職・転職の面接の場や、人事考課の場で聞かれることが多い項目にもなっています。

特にIT業界、中でもエンジニアは将来進めるキャリアパスの幅が広く、働き方の自由度も高いため、その分だけ自身で自分の人生に責任を持ってキャリアを積んでいく必要があります。

ITエンジニアがキャリアプランを設計するべき理由

従来、典型的なエンジニアのキャリアといえば、「プログラマー→プロジェクトリーダー→プロジェクトマネージャー」という道筋をたどるものでした。しかし、新しい技術が次々と登場するにつれて、各技術分野の専門性が高まってきた結果、その分野に特化した知見を持っていたり、各技術分野の橋渡しをしたりすることができる人材のニーズも高まったため、上記のようなキャリアプラン以外にも多様な進路が用意されるようになりました。

例えば、開発エンジニアの中でも、スペシャリスト寄りのキャリアであれば、開発経験を積んだ先の結果としてエンジニアチームの技術リーダーであるテックリードやVPoE(Vice President of Engineering)といったポジションを目指す道があります。一方で、ゼネラリスト寄りのキャリアであれば、フロントからサーバーサイド、インフラやプロジェクトの企画立案など、幅広い役割をこなすことができるフルスタックエンジニアのようなポジションを目指す道もあるでしょう。また、IT関連職として、ITコンサルタント、ITアーキテクト、Webディレクター、社内SEなど、エンジニアとしての知見が生かせる職種へのキャリアチェンジを考えてもいいかもしれません。

しかし、多様な進路が用意されていたとしても、自分の中でキャリアプランが定まっていなければ、何をすべきかが分からないままなので意味がありません。目標とするキャリアを決めることで、それを達成するために必要なスキル・知識が明確になりますし、それをいつ・どこで・どのように学ぶべきかが判断できるようになります。これが、キャリアプランを持つことの重要性の1つです。

エンジニアがキャリアプランを考える時に重視すべき観点

実際にキャリアプランについて考え始める前に、エンジニアとしてキャリアプランを立てる時に考慮しておきたい観点を紹介します。

携わりたい技術領域・習得したいスキル

ITエンジニアは、プログラミング技術を利用してものづくりを行う専門職です。そのため、自身が扱う技術領域の選定、そしてその領域で実現できるスキルの幅や能力の高さがキャリアパスに大きな影響を与えます。

その意味で、どのような技術に携わりたいのかを決めることは、キャリアプランを構築するにあたっての重要な一歩です。

たとえば、ネットワークやサーバーを支えるインフラの技術、システム開発に特化したプログラミング技術、情報漏洩やサイバー攻撃を未然に防ぐセキュリティ技術、さらにはアプリやゲーム、IoT、機械学習などの各分野から、自分の関心や保有しているスキルセットに適した技術領域を検討しましょう。

また、プログラミング言語は、それぞれ異なる特徴を持っており、その特徴によって向いている分野が異なります。例えば機械学習やビッグデータの解析であればPythonが有名ですし、ウェブアプリケーション開発であればPHPやRuby、アプリ開発であればJavaやObjective-C、SwiftやKotlinなどの言語が知られています。携わりたい技術領域に合わせて、適切なプログラミング言語を選びましょう。その際に、市場のニーズを加味することもあるかもしれませんが、プログラミング言語の興隆は変化も激しいため、それのみを考慮すべきではないでしょう。

目指すポジション

所属する企業でどのポジションを目指すのかという観点も、エンジニアのキャリアパスにおいては重要です。先述したように、大きく分けるとマネジメント方面に進むのか、スペシャリストとして活躍することを選ぶのかという選択肢があります。

前者であれば、いわゆる管理職として、プロジェクトの遂行上で必要な技術選定、運用や保守なども考慮した全体最適の実行戦略を描き、必要な外部リソースの調達なども担うこととなります。社内で意思決定をまとめあげる論理的な説明力や、政治的な立ち回りと根回しなども求められることになりますが、自身で事業をドライブする楽しさを味わうことができます。さらにキャリアを進めると、企業の経営層や事業部門のトップとして、自身の技術的知見を活かしながら、経営における隣接領域などに携わる道が見えてきます。

後者であれば、特定の技術領域の案件を責任者として数多くこなし、経験に基づいた専門領域での独自の知見やスキルを持つことが期待されます。エンジニアリングの中の特定領域(例えば特定の言語やフレームワーク、クラウドやセキュリティなど)に関して、トレンドを理解し、実務を担えるような人物です。エンジニアの業界では技術の進化によって専門知識が陳腐化・コモディティ化することが多いので、常に専門領域をずらしながら学び続ける必要がありますが、自身が関心を持つ技術領域について知識を深め、極めていく過程そのものを楽しめる人には非常に向いていると言えるでしょう。

働き方

働き方という観点もキャリアプランを考える上ではポイントとなります。エンジニアの働き方は、主に以下の2つに分けられます。

会社員

エンジニアの働き方として最も多いのは、正社員として会社に勤めるという方法です。利点としては、安定した収入を得ることができる、税務処理が楽、同僚と深く関われるといった点が挙げられます。また、副業をして、収入やスキルの向上を目指すというような働き方をすることもできるでしょう。

一方で欠点としては、人間関係の悩みが発生しやすい、興味のない業務も断れないといった面があります。また、ウェブ系を中心にリモートワークを採用する企業も増えてはいますが、オフィスに出勤しなくてはならない企業もまだ多いです。

フリーランス

フリーランスで働くエンジニアも少なくありません。フリーランスとは、特定の企業に所属せず、個人事業主として取引先から仕事を受ける働き方です。

基本的には取引先のオフィスに出勤する必要はない、作業時間を自分で決められる、受ける案件の内容や金額を自分で決められるなどといった自由度の高さが魅力です。

一方で、税務処理や営業などにも時間を割く必要がある、案件を切られたり怪我・病気をしたりすると収入がなくなるリスクがあるといった点がデメリットとなっています。

ITエンジニアがキャリアプランを考える際に押さえるべきステップ

キャリアプランを作成するにあたって、自身が考慮すべき論点を洗い出したところで、それらを整理して実際にどのような目標を設定し、どのようなアクションに落とし込んでいくのかを考える必要があります。

実際にキャリアプランを考える際に押さえるべきポイントをステップごとに解説します。

自己分析をする

まずは自身が実現したいことを考えるために、自己分析をする必要があります。エンジニアが自己分析をする際に重要なことは、「人生や仕事そのものに対する考え方」「エンジニアとしての現在位置」という2つの観点だと言えるでしょう。

まずはエンジニアという枠組みを取り払って、自分自身が人生で重要視することは何か、どのような価値観を重視して生きているのか、そしてそれに従って今後の人生の多くの時間を使うことになる仕事において何をするべきかということを考えましょう。

自分自身の価値観を再確認する際には、過去の自身の行動を振り返ることが役立ちます。過去にどのような行動を取り、それについて現在の自分はどのように考えているのかということを点検してみると、自分が重要視する価値観が自ずと見えてくるはずです。

エンジニアとしてのスキルを測るときには、自身の持つスキルとそのレベル感を棚卸しして、整理することから始めましょう。周囲のエンジニアの先輩や同僚と比較したり、書籍やインターネットを通じて情報収集をすることで、自身に不足するスキルや、次に習得するとよさそうな技能に当たりをつけられるようになるでしょう。

中長期の目標を決める

自己分析を終えると、漠然とした理想像は見えてきているはずです。次はそれを具体的な目標として言語化していきましょう。

とはいっても、ぼんやりと想像しているだけではなかなか明確化されないので難しいものです。そこで、5年後や10年後といったキリのいい期間を設定して、その時までに何を実現していたいかということを考えるようにしましょう。

この時のポイントは、実際に数値や役職として達成可否が判断・検証できるようなレベルまで目標を具体化することです。例えばウェブアプリケーション開発を職務とするエンジニアであれば「売上○億円以上の事業のプロダクトマネージャーを担える人材になる」、「フリーランスのエンジニアとして手取り90万円/月を目指す」など。

ちなみに、リクナビNEXTが運営する「Tech総研」では、エンジニアの年収に関する調査が行われており、ITエンジニアに当たる「システム開発(Web・オープン系)」の項目を見てみると、30代前半の平均年収が512万円、30代後半の平均年収が620万円となっています。給与額は分かりやすい指標になりうるもののひとつなので、このあたりを参考に考えはじめるのも良いでしょう。

いずれにしても、具体的な目標があると、その目標に対して足りていないスキルや将来的に積むべき経験が見えてきます。

目標に向けてのアクションプランを立てる

先述したとおり、目標を立てると自身の足りないスキルや課題が見えてきます。次にやるべきことは、その課題に優先順位を付けて、解決のアクションプランを立てることです。この場合も、後で振り返った時にその課題を解決できたか否かを検証するために、アクションとして何をするかは具体的な数値と共に決めましょう。この場合は、「1日1時間以上、業務時間とは別にプログラムを書く」「OSSの開発にコミットして、月に○件以上プルリクエストを送る」等が挙げられるでしょう。

ここまでできたら、やるべきは目標の期限までに実際にそれをクリアすることだけです。そうすることで、自ずと自身の目標に対する距離は縮まり、目標を達成することができるでしょう。

まとめ

キャリアパスの幅が広いエンジニアにとって、キャリアプランを考えることは非常に重要です。

日々の業務や学習をこなしながら、将来のキャリアに向き合うことは大変ですが、具体的な目標と計画的な行動はあなたをエンジニアとして成長させてくれるでしょう。

自分自身の将来のためにも、一念発起してキャリアプランを考える時間を取ってみてください。

採用情報

メンバーズエッジで最高のチームで最高のプロダクトを作りませんか?

最高のプロダクトをつくる 最高のチームで働く

在宅でも、地方でも、首都圏でも。多様な働き方で最高のチームをつくり、お客様のプロダクトパートナーを目指します。アジャイル開発を通じ、開発現場の第一線で活躍し続けたいエンジニアを募集しています。