拠点をつないでリモートでカードゲーム!【KENMA CAMP】

こんにちは。メンバーズエッジ採用担当です。メンバーズエッジでは、ミッション「生涯エンジニアとして成長する」を体現するための取り組みとして、勉強会「KENMA CAMP」を開催しています。

今回は第2回として、スクラムワークショップ「闇と光のカードゲーム」を開催!札幌・仙台・東京・北九州の4拠点をリモートでつないでチームを組み、トランプを使ったワークショップを行いました。

その様子をレポートいたします!

今回参考にした元ネタはこちら。
https://qiita.com/shoki_kitajima/items/1016b934c328bbd92495

この内容を弊社らしくリモートでシャッフルチームで開催してみました!

今回は東京・晴海の拠点からお送りします。

ルール
A・B・C・D の4チームに分かれ、リモート環境でモニターを見ながらトランプを使ったゲームを2回行ないます。

チームから1名プロダクトオーナー(PO)を選出 。
POには集める手札について秘密の指示が出されていますが、ほかのメンバーはその指示を知らされていません。

メンバーはPO が何を求めているのかを推測しながら、自分が持っている手札の中から1枚ずつ PO に渡します。

まずは「闇のゲーム」からスタート。

闇のゲームのルール:コミュニケーションは一切禁止。相手が何を求めているのか、聞くことができないため手探りで進めていきます。

画面の向こうは仙台拠点。プロダクトオーナーからの指示は「スペードのQ」ですが、手元のカードにありません。替わりに何を出せばいいのか、考えます。

選んだカードをチームに共有。「ダイヤのQでいいの?・・・ちがう・・・?」プロダクトオーナーの考えていることがわからないので手探りです。

闇のゲーム終了!結果の発表です。

チームメンバーはここではじめて、POにどのような指示が出されていたのかを知ることになりました。 こちらが、POに渡されていたプロダクト評価表。

どうやら POはポーカーのルールに基づいて手札を集めていたようです。POの意図をつかめず、各チームのプロジェクトは惨憺たる結果に・・・。

各チーム、失敗の原因について振り返りを行ないます。

続いて光のゲームを開始!

光のゲームのルール:闇のゲームで禁じられた、メンバー間・POとのコミュニケーションが解禁となります。

メンバー「今、狙っているのはストレートフラッシュですか?」

PO「違います」

POに質問をすることができます。手さぐり感がだいぶ軽減されました!

光のゲームの結果発表!闇のゲームと比べてどうでしょうか?下記をチームで話し合います。

  • 闇のゲーム時と何が変わったか?
  • 開発メンバーとしてやるべきことが出来たか?
  • プロダクトオーナーとしてやるべきことが出来たか?
  • チームは”改善”され”成長“したか?

やはりコミュニケーションがとれることで、結果は改善されたようです。

仙台拠点メンバー「手探りだった闇のゲームより、ずいぶんとチームの成績も上がりました。」

ばらばらの拠点でチームを組み、しかもトランプを使うという今回のワークショップ。運営もけっこう苦労したようです。

運営担当の早坂にいろいろと聞いてみました。

●今回のワークショップの企画意図を教えてください

スクラムチームの大前提は「自発的にコミュニケーションを取り成果の創出・向上」を行うことを前提としています。普段から隣同士やリモートでコミュニケーションを取って仕事をしていますが、コミュニケーションを断絶された場合、チームはどのように仕事(活動)すべきか、を再度考えてもらい、体験してもらう場を作ろうというのが発端です。

運営してみて苦労したのはどんな点ですか?

今回は3拠点で実施する形になりましたが、事前準備にすごく苦労しました。 本来であれば近い人と実施するワークショップですが、リモート前提だったため、トランプの割り振りで苦労しました。 どこかの拠点にカードが偏るとバランスが悪くなるため、カードの分配に悩みました。

今回のKENMA CAMPで学んだことを仕事にどのように活かしてほしいですか?

普段から我々エンジニアはお客様のプロダクトを理解している人(プロダクトオーナー)と接する機会が多いので、コミュニケーションを取ることで成果を最大化することができる、といったことを思い出し、いろいろな人とのコミュニケーションをとってほしいと思います。

参加者からは「コミニュケーションってやっぱり大切」「全員がゴールを共有することが大事」などの声のほか、「 音声・映像などより伝わりやすい環境を整えることも大事 」「 ミーティング音声が他チームのガヤ声で聞こえない。 PC不調でコミュニケーションとれなくなる。 とか、まさにあるある」など、リモートならではの感想も聞かれました。

KENMA CAMPでは今後もメンバーズエッジならではの勉強会を開催!随時内容を公開していきます。一緒に働きたいエンジニアも募集しています。

拠点合同!チーム目標決め合宿@仙台

こんにちは。メンバーズエッジ採用担当です。

メンバーズエッジは東京・札幌・仙台・鯖江・神戸・北九州に拠点があり、複数の拠点のメンバーで1つのチームを組んでいることも多いです。

普段は各拠点をリモートでつないで開発をしているのですが・・・

「全員が集まって、顔を合わせてなにかに取り組む」ということが少なくなりがち。

たまには同じ釜の飯を食べ、より強固なチームを構築したいね。ということで、合宿形式で半期のチーム目標を立てる場を設けました。場所はメンバーズエッジの仙台拠点です。

過去に全社で合宿をやったことはあったのですが、チームにフォーカスした合宿は会社としても初の試み!リアルに集まって初めて分かることもありましたのでご紹介します。

まずアイスブレイクとして行なったのが、「心理的安全性ゲーム」。

札幌拠点のメンバーが以前参加したゲームで「面白いのがあるよ。」ということで持ってきてくれました。

カードゲームを通じてチームのよりよいコミュニケーションについて考えることができます。

初めて体験したゲーム。ほとんどの場合偏りが出ることがあるらしいのですが、我々のチームは心理的安全性が非常に高いチームということがわかりました!

続いて取り組んだのがFun/Done/Learnによるふりかえり。

FDL形式の振り返りは「マイナス面の発言が出にくい」という特性があり、この半期で皆のFun/Done/Learnについて共有し合いました。

が、半年の振り返りとなると出てくる量も多く、最終的にはごちゃごちゃになるというアクシデントも…。

ラストには来期やっていきたいことを、みんなでわいわい話し合いながら黒板にまとめます。

みんななかなか貪欲ですね!

合宿主催者の早坂によると、「来期に向けた具体的な取り組みを決めることができて、終始メンバーも楽しく取り組んでくれて本当によかった。」とのこと。

合宿中、「楽しい!合宿ってやっぱ楽しい!!」とずーっと言っていたという、札幌のメンバーから一言。

「東京・仙台・札幌と拠点が別れリモートワークを行なっているチームが、合宿という普段と違う状況で今期の目標について話し合うことができ、とても有意義な1日でした!

普段はビデオチャットを通じて話しはしていますが、同じ場で同じ空気を吸うことで今まで以上の一体感が感じられみんなでワイワイと議論を行い、非常に楽しみながら、チームとしてどうありたいのかを共有できました。」

有意義な時間になったようですね!

紆余曲折あるけれど、これからもチーム全員でお客さんの社会課題解決に貢献して行きましょう!

【イベントのお知らせ】1/26(土) PHPカンファレンス仙台2019に出展します!!

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

さて、本年の初投稿ですが、2019年1月26日(土)に仙台で初開催となる、PHPカンファレンスにブース出展いたします!!

PHPカンファレンス仙台2019

PHPカンファレンスは、PHPエンジニアによる最大規模の技術者イベントとして、東京、関西、福岡、北海道で開催されており、仙台では今回が初の開催となります。

仙台に拠点がある当社として、PHPカンファレンスが仙台で開催される事は嬉しい限りです。

是非ブースにお立ち寄りください!!

■イベントURL:
PHPカンファレンス仙台2019

■開催日時:
2019年1月26日(土)10:00-18:00

■場所:
TKPガーデンシティPREMIUM仙台西口

【イベントのお知らせ】12/15(土) PHPカンファレンス2018@東京に出展します!!

昨年に引き続き、今年もPHPカンファレンス2018に出展いたします!!

2,000名ものWEBエンジニアが一堂に会するイベントに参加出来る事、大変嬉しく思います。

PHP Conference 2018
PHP Conference 2018

さて、本年は、既存の東京・仙台・北九州の拠点に加え、
鯖江・神戸・札幌オフィスを開設し、GROWTHしてきた弊社ですが、
当日のブースでは、「皆さんが働きたい都道府県アンケート」を実施予定です。

是非ブースにお立ち寄りください!!

■イベントURL:
PHP Conference 2018

■開催日時:
2018年12月15日(土) 10:00-18:00(開場9:30)

■場所:
大田区産業プラザPiO

【イベントのお知らせ】神戸オフィス10/1(月) 開設!!9/28(金) デブサミ2018関西出展します!!

先日メンバーズよりニュースリリースを出しておりましたメンバーズエッジの神戸オフィス開設が、10月1日(月)といよいよ間近に迫ってきました!

メンバーズ、国内4拠点目となる「ウェブガーデン神戸」を2018年10月に開設決定~地方での優秀な人材採用により、サービス向上と地域経済の活性化を目指す~
ニュースリリースページはこちら

それにあわせてもうひとつ大きなお知らせです!
メンバーズエッジの神戸オフィス開設に伴い、Developers Summit 2018 KANSAI(デブサミ2018関西)に出展することを決定しました!

Developers Summit 2018 KANSAI

ブースには、神戸オフィスで働くマネージャーやエンジニアもおりますので、実際の仕事のイメージをお伝え出来ればと思います!

■イベントURL:
Developers Summit 2018 KANSAI

■開催日時:
2018年9月28日(金) 11:00-17:35(受付開始10:30)

■場所:
神戸国際会議場 5F

神戸市のIT産業を、地元のITエンジニアの方と一緒に、盛り上げていければと思ってますので、是非弊社のブースにお立ち寄りください!

また、神戸オフィス拠点立ち上げを一緒に進めてくれるメンバーも大募集中です!ブースにてお気軽にお声かけいただくか、こちらからのご応募もお待ちしております!

Rails Girls Sendaiがメンバーズエッジ仙台オフィスで開催決定!

2018年11月2日~3日の二日間、仙台で東北初となる『Rails Girls Sendai』が開催されます。Rails GirlsはWebアプリケーション開発に興味のある女性を対象としたRuby on Railsのワークショップで、今回メンバーズエッジは会場を提供させていただくことになりました!

【Rails Girls Sendai】
日程: 11月2日(金) – 11月3日(土)
場所: 株式会社メンバーズエッジ 仙台オフィス
イベントの詳細:Rails Girls Sendai Webサイト

ただいま参加者募集中ですので、奮ってご応募ください。
またコーチも募集中とのことです!

「ハッピーキーボー道」を開催しました!

先日このブログでも告知した、キーボード自作イベント「ハッピーキーボー道」を弊社仙台オフィスのラウンジにて開催しました!

【イベントのお知らせ】キーボード自作イベント「ハッピーキーボー道」を開催します!(仙台)

お昼すぎに集合。みんなで作りたいキーボードの部品や工具を広げます。

開始前にランチに行った「熟成焼肉 肉源 仙台店」さんのアップルパイをつまみながら作業開始!

初心者はまずググるところから。

解らないことがあっても周りの経験者が助けてくれるので安心です。

キーボードを作る手順を追いながら当日の雰囲気を紹介していきます!

作りたいキーボードによって扱うパーツは異なりますが、ざっくりと以下のパーツから構成されています。

  • キーボードの基盤
  • マイコン
  • キースイッチ
  • キーキャップ
  • ケース

下の写真に写っているのが基盤です。左がHelixというキーボードのもので、右がLet’ Splitというキーボードのものです。

この基盤にマイコンやキースイッチをはんだ付けしていきます。

これはArduino Pro Microという「マイコン」です。なにやらmicroUSBケーブルを挿す穴が見えますね。

キーボードで取り扱うマイコンは主にキーボードの制御を行います。キーボードとPCを接続するのもこのマイコンです。

そしてこれが「キースイッチ」です。

キースイッチは普段見ることはあまりないですが、「A」や「1」といったキーそれぞれを押したときに反応するのがこのパーツです。

この「キースイッチ」というパーツは多くの種類が存在し、「青軸」「赤軸」「茶軸」といった「軸の色」で「押したときの感覚」が異なるように作られています。

キーボードを作るの醍醐味の一つですね!

最後にキーキャップとケースですが、みなさんが普段目にしている「キーボード」の外側がこの2つです。

ケースに基盤を載せ、キースイッチにキーキャップを被せることでキーボードができあがります!

慣れていてもはんだ付けを間違えることも

手慣れた人でもはんだ付けを間違えることもあるのですが、そんなときに活躍するのがこいつ!

金属の紐のようなもが「はんだ吸い取り線」と呼ばれるものです。

はんだ付けを間違ってしまった箇所に写真のようにかぶせ、上からはんだごてを当てて熱すると、数秒後溶けたはんだが金属の紐の中に吸い込まれていきます。

開始当初はみんなで話しながらやってましたが、時間が経つにつれモクモクとはんだ付けを開始。

ここでハプニングが

参加していたバッシーのキーボードが完成のところで反応しないキーを発見。

バッシー「あれー?なんで動かないんだろう。」

菅原「はんだ付けの不良じゃないかな?」

バッシー「そうなのかなぁ…?あっ」

菅原「どうしたの?」

バッシー「ダイオード壊れてる…」

そんなこんなで「ダイオード」という部品が初期不良で欠けており、泣く泣く諦めることに、と思ったら…

弊社のエンジニアたちは諦めなかった

菅原「あ、ダイオードあるわ

江口、バッシー「なぜ持ってた」

菅原・江口「ダイオードならくっついてるはんだ吸い取ってしまえば取れるので、あとで付け替えることもできるよー。」

ということでハンダ吸い取り線を使い、ダイオードの換装を無事に行い、バッシーのキーボードが完成!

そして完成したキーボードの一部がこちら!

 

メンバーズエッジでは今後もエンジニア向けのイベントを企画していきます。当ブログで告知いたしますので、お見逃しなく!

【イベントのお知らせ】Developers Summit 2018 Summer (デブサミ2018夏) ブース出展中です!

メンバーズエッジは本日開催中の「Developers Summit 2018 Summer (デブサミ2018夏)」にブース出展中です!お立ち寄りの方は是非ブースを覗いてみてください。当社の代表、エンジニア、人事もおりますので、事業展開や開発体制、採用情報など直接お話させていただきます。お待ちしております!

developers_summit_booth

Developers Summit 2018 Summer概要
データが拡張する人や社会、これからのエンジニアの道標
【日時】2018年7月27日(金) 10:00-17:45(受付開始9:30)
【主催】翔泳社様
【会場】ソラシティカンファレンスセンター
【住所】〒101-0062 東京千代田区神田駿河台4-6 御茶ノ水ソラシティ2
【イベントページ】こちらからご確認ください

【イベントのお知らせ】キーボード自作イベント「ハッピーキーボー道」を開催します!(仙台)

毎日使うキーボードだからこそ、自分好みにこだわってみたい。
そんなWebエンジニアの間で話題なのが「キーボード自作」。
メンバーズエッジでも有志が集まって、キーボード自作イベント「ハッピーキーボー道」開催を決定しました!

10名様までの小規模な公開イベントですが、ご興味のあるWebエンジニアの方は是非ご参加ください。
終了後はビアバッシュも予定しています!

【日時】2018年7月14日(土)13:00~17:00
【会場】株式会社メンバーズ ウェブガーデン仙台
【住所】宮城県仙台市青葉区一番町4丁目6番1号 第一生命タワービル8階
【アクセス】 仙台市地下鉄南北線「勾当台公園」駅または「広瀬通」駅 徒歩5分

詳細はイベントページをご確認ください。

【イベントのお知らせ】「エンジニアの移住交流会 2018〜移住を話そう、地方を知ろう〜」を開催します!

メンバーズエッジの移住イベント第3弾として「エンジニアの移住交流会 2018〜移住を話そう、地方を知ろう〜」を開催します!

地方暮らしを実現した「移住者」が登壇して、移住のきっかけや地方の仕事や生活についてお話してもらいます。
また、移住者に注目される町として「福井県鯖江市」と「神奈川県真鶴町」をご紹介します。
その後、懇親会を開催。福井の地酒や真鶴の海産物など、地方の名産品をつまみに参加者同士で交流を深めます。

参加者の皆さまが、「移住」や「地方」を知り、考えるきっかけにしていただければと思います。
エンジニアだけでなく、地方移住に興味がある方なら誰でも楽しめるイベントですので、お気軽にご参加ください。

【日時】2018年6月20日(水)19:30~21:30(19:00受付開始)
【会場】SENQ霞が関
【住所】東京都千代田区霞が関1-4-1 日土地ビル2F
【アクセス】 銀座線「虎ノ門」駅 7番出口 徒歩1分 / 千代田線・日比谷線・丸ノ内線「霞ケ関」駅 A12番出口 徒歩3分

イベントページはこちらから!